Minoru Matsushima,Business producer working for RSS Advertising Inc.


by minorutominoro

the origin of Fact and Fiction is...


昨日のエントリーの話、今日は会社の全体会議だったのですが、全社に共有し営業組織で再度共有しました。

一朝一石で変わるものではなく、言い続ける努力をしていかなければならないと思います。

会社の事業体/収益性/規模によって事実の共有の仕方は変わってきますが、
fictionとfactの語源は同じだったり、

factは作るという意味で、factory:作る所→工場。/fact:作られたもの→事実、となる様で
とても趣深い。
かつ日本語の「事実」も「事が実る」と書いている点も非常に趣深い。

会社全体でこの、事実というわけの分らぬもの、事実と思われているものに対してどれだけ取り組むことができるかが成長の鍵だと考える今日この頃。事実はその様なものだととらえ、組織で本気で考え抜くぞ。もちろん実行も並行して。

PS. 
数字は誰にでも同様のメッセージを発するが、数字だけを達成していても企業の成長は
鈍化してしまう場合もある。といいつつ数字の達成は最低条件、ということもいえる。
私は未達は断じて許さぬ人間です。短期的な目標が達成できずに、何が将来の目標か。
[PR]
by minorutominoro | 2008-11-11 02:09 | Management&Coaching