Minoru Matsushima,Business producer working for RSS Advertising Inc.


by minorutominoro

マスメディア、という意味をもっかい考えてみよう。

勝間和代さんの
マスメディアの広告モデルが生き延びる道
を読んでてふと思った事。

メディアに対しての接触回数が分散傾向にあるのだから、今までの事業モデルから
いって生き延びるとか生き延びないとかの話じゃなくて、至極当然のことだと思うのだが・・・

マスメディアっていうがやすしですが、本当の意味で「マス」をとれるのはTVくらいなんじゃ。
新聞も日経新聞はセグメントされてるし、朝日・読売は既にシニア媒体か。
雑誌もラジオもそもそもマスなんて取れないし。。
つかそもそも何ユニークユーザーにアプローチできるのが「マス」って定義もないし。

マスメディアの定義は、WIKIPEDIAで調べると一方的且つ不特定多数の受け手へ向けての情報伝達手段となる新聞、雑誌、ラジオ、テレビ等のメディア(媒体)を指す
って書いてあるが、ほんと?「マス」の定義がそもそもアイマイなんじゃないかなー?なんて思います。


インタラクリさんより引用
しますが、

・mixi をやっている人。
・i-pod を持っている人。
・地下鉄や電車で、携帯でメール打ってる人。

すべて、良く出来たインフラが共通しているだけで、
そのインフラ上で、個々人が、個別なことをやっている。
それが、今の「マス」。
ものすごく、良く出来たインフラを提供できた企業だけが、
「マス」を獲得できる。


DSもインフラ化するのかな。

マスメディアは、もうマスメディアではない。
でも売上の大部分をTVCMに依存してきた代理店。「特定の媒体とがっつり」が今までの広告業界。
ネットにリキはいれようするが、2兆円市場と6000億円だったら売上背負ってる現場の営業マンは売上の達成のためには既存の広告枠頑張って埋めるでしょう。
1枠のグロスもでかいし、TVだったら民放で5媒体・CS/BSいれてもそんな数ない。
ネット系メディアはもっすごい数あるし、ロットは小さいからメディア選定大変。
かつ今はメディアバイイングよりも、アイデアが求められているかつ新の意味でAgency
じゃないと。

クリエイティブなアイデアをもって、実際のプランニングに落としたらTV広告の投下量が
RGPいくら、みたいな感じじゃ意味ないのら。

仕事休憩中に書きました。乱文御容赦くださいませ。


PS.土曜日ベロアにきていただいた方、ありがとうございました!
  金曜日・土曜日飲んだくれましたので今週は控えめに仕事します。
[PR]
by minorutominoro | 2009-02-02 22:48 | Marketing