Minoru Matsushima,Business producer working for RSS Advertising Inc.


by minorutominoro

PR商品の難しさ

※若干自分の備忘録です。。。
PRの勉強をしています。最近読んだ本。

戦略PR 空気をつくる。世論で売る。 (アスキー新書 94)

本田 哲也 / アスキー・メディアワークス



マーケティングとPRの実践ネット戦略

デビッド・マーマン・スコット / 日経BP社



99.9%成功するしかけ キシリトールブームを生み出したすごいビジネスモデル

藤田 康人 / かんき出版



■コミュニケーションデザインを考える際に必要な3大要素
------------------------------------------
おおやけ  :マスコミ
おすみつき :インフルエンサー
ばったり  ;口コミ
------------------------------------------

■気になったキーワード
ファクト×権威をもった人=影響力の武器
様は空気。漠然とした雰囲気をつくる。そのための型。
PRは前戯。

■読んで考えた事
PRはクライアントによって伝えたいメッセージや、メッセージを届けるべきMedia等、
クライアントごのコンサルの領域が深く、パッケージ化しずらい。

キシリトールで、PRスキーム/IMC(Integrated Marketing Communication)のスキームと作った藤田さんも、本田 哲也さんも本質的には一緒なのでそのスキームの一部分に絶対必要なソリューションをパッケージするという方向性か。

パッケージは全てのクライアントのニーズの最大公約数でなければならない。
個別ソリューション提案は最大公約数を探るための投資と割り切るべきか。
自分のコスト(人件費)が長期的に生み出すベネフィットのレバレッジを考えるべし。
[PR]
by minorutominoro | 2009-04-02 01:57 | Marketing