Minoru Matsushima,Business producer working for RSS Advertising Inc.


by minorutominoro

関根光才の視点。

元彦に教えてもらったKosai Sekine.

世界で通用するということ。映像作家 関根光才インタビュー

マーケットも文化もシュリンクしている中、クリエイターも中小企業も
Think locally,Act globallyの視点で活動する必要があるのだと切に感じた。

Right Place



[PR]
# by minorutominoro | 2009-05-03 11:26 | Media Communication

Ad:tech Sanfrancisco 2009

Ad:tech Sanfrancisco 2009に参加中。

現在7:45am。そろそろホテルを出ます。

今日は2日目で、自分がメインで参加する
Ad Spaceがあります。Contexual Adという結構「点」的な話から深いマーケの
話が聞けたり、ディスカッションできればと思っております。

Ad tech関連は情報量が多すぎてのちほどゆっくりまとめますが、
SFにきて実感すること。

CNNを見ていると、いい意味でも悪い意味でもIT企業関連のニュースにたくさん触れます。

・SF市長のCA知事選立候補についてのTwitter/YouTube/Facebookでの活動とか
・craigslistで起こった殺人事件の話とか
・イラク駐在兵のFacebookへの書き込みの話とか
・SanMicrosystem/Oracle話とか
時期も時期なのでしょうが、日本と比べて.com企業の話をTVでたくさんみます。

特にFacebookとTwitterは完全に社会インフラ化してますね。

あとはコミュニケーションの取り方でしょうか。

日本人と全然違うので、マーケティングの
仕方はマネしても意味ないなぁと。

それを実感した端的な出来事。

バス乗っていたら降りる中年女性と運転手の会話。
運転手(女性):「その靴とっても素敵ですね貴婦人!」
乗客(女性):「あらありがと!マイケルコースで●●デパートで120$だったわー」
運転手(女性):「あら!結構やすいじゃない!いってみよっかなー」

的な話を信号待ちのときに話があっておもしろかったです。

ではまた。
[PR]
# by minorutominoro | 2009-04-22 23:49 | Media Communication
会社の話になってしまいますが、本日新しいサービスをリリースいたしました。
厳密にいうと弊社は技術提供ですが・・・

ミクシィ、最新情報も配信できるバナー広告『mixi FeeMoバナー』
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/04/13/055/

「mixi」、RSSフィードをバナー広告化して掲載するサービスを開始
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090413/328321/

ライフネット生命保険、日本初の新型バナー広告を用い社長ブログを配信開始
http://www.lifenet-seimei.co.jp/newsrelease/2009/1667.html


この度サービスの趣旨をライフネット生命さまにご賛同いただき、プレスリリースも配信頂きました。

インターネットの広告サービスは、ダイレクトマーケティングにおけるターゲティングの歴史です。
セグメントを細かく切れば見込みのターゲットのみにリーチでき、ROIが高い、という仮説のもとに、

ディスプレイ広告
年齢属性・趣味属性などが切れるメール広告
Overture/Adwordsに見るサーチエンジン広告
位置情報をトラッキングしたジオグラフィック広告
ユーザーの動きをクッキーで把握した行動ターゲティング広告
。。。。
といった広告商品が多数でてきました。

Yahoo!のインタレストマッチ広告は、
年齢等のデモグラフィックターゲティング
× ジオターゲティング
× キーワードによるサイコグラフィックスターゲティング
× 行動ターゲティング・・・
と、Yahoo!のメディアネットワークを最大限に利用した究極のターゲティング広告といってもよいでしょう。

今回ターゲティングがかなり行くところまでいったインターネット広告サービスに、あまりおっついて
いないクリエイティブの最適化サービスを提供したいというところからスタートしました。
その際どの様なメッセージをユーザーに対して配信することがよいか?
という事を考えた際、広告主さまが既にもっているコンテンツを
利用できないかという事で、この様なサービスリリースに至りました。

海外ではDapperといった
会社が、クリエイティブの自動最適化ソリューションを提供していたりしますが、まだこの領域は未開拓です。ここは非常に深い分野です。

ターゲティング×クリエイティブ2つの変数の最大値をつきつめる、
という事はもちろんです。ですが単純なROIだけではなく、

・生活者にとって、社会にとって我々は何者なのか
・それを具現化する伝えるべきことは何か
・その伝えるべき人は、誰なのか
・伝えるべき人は、どこにいるのか
・どのような訴求をすると振り向いてくれるか
ということを今一度振り返って考える必要があるのではないか、と思います。

フィードというのは企業が責任をもって、継続的に発信していくものがあるうえで初めて
役立つツールです。この様なサービスは、より企業として誰かに何かを伝える
コンセプトが大事になってくるかと考えます。

そんなこんなで本技術を引っさげて、来週からシリコンバレーで自分たちのしている事を
アピールしてきたいと思います。海外から情報を得るだけではない。Japanでもこんな
事を考えてやってるベンチャーがあるんだ、という事をぶつける1週間にしたいです。

下記はDapperの紹介ビデオ。


[PR]
# by minorutominoro | 2009-04-13 23:27 | Marketing

Spring Spread


4月初めてのエントリー。
先週末は花見三昧。目黒川の桜はとてもきれいです。

c0169625_1152834.jpg


仕事の方は、この春から初夏にかけて営業は営業でも新規事業系で
がっつり形にするミッションです。
新規事業系は正直大変なのですが、思い描いていたイメージに向けて形にしていく作業は、
アドレナリンがまじででます。

そんなアドレナリン噴出記録。
社長と木曜日に飲みながらでてきたアイデアを、その日の深夜3時に企画書まとめて
クライアントにおくり、金曜にアポとって企画案を説明、月曜に条件をつめ各社調整、
本日クローズ。
とものすごいスピードで形にできました。来週には公にできると思います。

イメージをもつことが、やっぱり大事だなと。今回、これは絶対はまる!というシナリオが
かけて、そのイメージで動いたら形になった。これほどおもろい事ない。

足踏みしてしまうこのご時世で、どれだけ将来へのイメージをもてるか、そのイメージに
むかって楽しんで形にできる様がんばりたいと思います。
それがtechnology oriented venture businessのなせる技やし、今日本に必要だと思う。そいうメッセージを会社/自分で発信していきたい。 桜はセンチな気分にもなりますが、きばっていきます!

c0169625_116146.jpg

[PR]
# by minorutominoro | 2009-04-08 01:39 | 日々のCommunication

PR商品の難しさ

※若干自分の備忘録です。。。
PRの勉強をしています。最近読んだ本。

戦略PR 空気をつくる。世論で売る。 (アスキー新書 94)

本田 哲也 / アスキー・メディアワークス



マーケティングとPRの実践ネット戦略

デビッド・マーマン・スコット / 日経BP社



99.9%成功するしかけ キシリトールブームを生み出したすごいビジネスモデル

藤田 康人 / かんき出版



■コミュニケーションデザインを考える際に必要な3大要素
------------------------------------------
おおやけ  :マスコミ
おすみつき :インフルエンサー
ばったり  ;口コミ
------------------------------------------

■気になったキーワード
ファクト×権威をもった人=影響力の武器
様は空気。漠然とした雰囲気をつくる。そのための型。
PRは前戯。

■読んで考えた事
PRはクライアントによって伝えたいメッセージや、メッセージを届けるべきMedia等、
クライアントごのコンサルの領域が深く、パッケージ化しずらい。

キシリトールで、PRスキーム/IMC(Integrated Marketing Communication)のスキームと作った藤田さんも、本田 哲也さんも本質的には一緒なのでそのスキームの一部分に絶対必要なソリューションをパッケージするという方向性か。

パッケージは全てのクライアントのニーズの最大公約数でなければならない。
個別ソリューション提案は最大公約数を探るための投資と割り切るべきか。
自分のコスト(人件費)が長期的に生み出すベネフィットのレバレッジを考えるべし。
[PR]
# by minorutominoro | 2009-04-02 01:57 | Marketing

3年ぶりのsnowboading

に、同期のよーちゃんと三橋と日帰りでいってきました。
実は社会人初!

一緒にいく予定だった官田に連絡がとれず、
いつも時間に性格の彼にしてはありえんと思い、何度も連絡するが繋がらず。
美人局にあったと予想していたのですが結局単なる寝坊で
あまり落ちがありませんでした。

行きに誰かさんの寝坊で若干の遅れはとったものの、
道がすきすき、天気も良好!Pefumeを全開にかけてノリノリだったのですが、
目的地の 天神平に近づくにつれ、だんだんと雪が横殴りに降ってきて、
ノースタッドレスタイヤのFRの激安レンタカーでは若干場違いに...

しかしなんとか乗り切り天神平につくと、雪はパウダー、客はガラガラ!
すごく楽しめました☆
途中に温泉よって帰宅。帰りは大渋滞でしたが、イケメンのよーちゃんが
眠い目をこすりながら懐メロ大合唱でなんとか乗り切ってくれました。

一切仕事の事を考えない土日でした。今日は早寝して明日からまた頑張ります。
c0169625_22114855.jpg

[PR]
# by minorutominoro | 2009-03-29 22:14 | 日々のCommunication

★が見えないとき


desire [語源] de+sider = 星が見えなくなる → 惜しむ、欲する、要求する
らしい。


星が見えないときというのは
 1.天候が悪い時
 2.日中
 3.窓がない
 4.目が見えない/目をつぶったとき
かな。

自分はHopeという言葉よりDesireという言葉が好きだ。
何だか鬱積した感じ、人間のくらーい部分の感じがする。
辛いときとか、閉じこもってたりとかするときに欲望というのは意識化されるのか。
でもそういうどろーんとしているときに、ごぽっとでてくる欲といのが、
人間の活力だったりするんかな、と思う。

んな事を、マンガの女帝を読んでて思った笑

 

女帝 1 愛蔵版 (1) (ニチブンコミックス)

倉科 遼 / 日本文芸社


[PR]
# by minorutominoro | 2009-03-23 00:50 | 日々のCommunication
ad:tech tokyoは9月にきますが、一足先に4月21日からのad:techのサンフランシスコの方に一人で参加してきます。
背中を押してくれた社長に感謝。

http://www.ad-tech.com/sf/

シリコンバレー初体験です。リサーチ3割、営業7割の気持ちで
いって参ります。せっかくいくので、bit valleyの残党として何らかの形で引導渡してきてやりますわ。ad:techに出ないお目当ての会社等もあるのでアポとらな。

カンファレンス系は、カンファレンスとはとても言い難いWinterMusicConference以来です。つかもうすぐやん、WMC。
こっちもいきたい。

Today's bGm Ananda Project

[PR]
# by minorutominoro | 2009-03-20 02:17 | Sales

緊張状態との付き合い方


社会人も3年たつと、いろんな人がバリュエーションの人がでてくる。

自分でコントロールできない社会の力学によって職が変わる人、自分の力でコントロールしてた
と思ったら実は社会の力学によって動いている人、社会の力学によって留まる人
仕事自体をやめて学問に戻る人それぞれだ。

何が正しいのかは誰もわからんが、自分の意志決定のポリシーとして大事にしている事がある。

それは損か得かではなく、嘘か真か×面白いか詰まらないか、だ。
合わせて自分の中でどんな環境の中でも、どれだけ緊張状態を保てるか、だと思う。

弛緩からは生まれない何か。
がんばろう同期のともたちよ。

追記:合わせてかっこよいか否かの軸も。
[PR]
# by minorutominoro | 2009-03-16 23:36 | 日々のCommunication
松岡正剛の「神仏たちの秘密」を読んでいるんだが、すごい面白い。

連塾 方法日本〈1〉神仏たちの秘密―日本の面影の源流を解く (連塾方法日本 1)

松岡 正剛 / 春秋社



第1講 笑ってもっとベイビー 無邪気にオンマイマインド
    外来文化はどのようにフィルタリングされてきたか

第2講 住吉四所の御前には顔よき女體ぞおはします
    日本にひそむ物語OSと東アジア世界との関係

第3講 重々帝網・融通無礙・山川草木・悉皆成仏
    仏教的世界観がもたらした「迅速な無常」

まだ第2までしか読んでないすが、知的好奇心あおりまくりでございます。

杉本博司やらのエッセーを読んで、和歌山熊野にいったりしてから仏教やらに興味が
でてきて、いろいろ本あさって読んだりしていたのだが、正剛さんの知的Databaseと、
日本文化をサザン/椎名林檎に紐づけるその編集工学的な講義内容にやられっぱなしです。

まだまだ読み足りないし、自分の知識のDBの少なさに脳がおっついてかなかったりしますが、今使っている言葉、日本語というのはおもろいと思いました。
言葉というのが、どうして言の葉、コトバというのかがなんとなく分かってきた感じでしょうか。

自分が思った以上に自分は日本の事しらないと思う人はぜひ。
[PR]
# by minorutominoro | 2009-03-16 01:55 | 日々のCommunication